整形外科

診療内容

当院の整形外科では、打撲や捻挫・骨折はもとより、腰・膝・肩などの骨、関節、筋肉などの痛みやしびれなどに対する治療をはじめ、高齢者の変性疾患・骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折などに伴う骨折治療や慢性疼痛に対する治療を行っています。

手術を行う場合には、皮膚切開をできるだけ小さくし、筋肉や軟部組織(皮膚等)への負担をできるだけ最小限に手術を行い、患者の負担軽減や早期回復を図り、できるだけ早く社会復帰をして頂き、普段の生活に戻れる事を目指しております。

また再生医療の一種であるPRP(多血小板血漿)療法を実施しております。これは、血液に含まれる血小板のキズを治す力を利用して、膝などの関節や筋、腱の痛みの改善を目指す治療です。ご興味のある方は、担当医にご相談ください。

対象疾患

  • 変形性膝関節症
  • リウマチ
  • 変性疾患
  • 骨粗しょう症
  • 脊椎圧迫骨折
  • スポーツ障害(靭帯再建を含む)
  • 再生医療(自由診療となります)

医師紹介

  • 副院長 兼 整形外科部長

    清水 学

    しみず まなぶ

    専門分野
    膝・股関節
    認定資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
    • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
    • 臨床研修指導医
    • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
    • 難病指定医
    • 身体障害者福祉法指定医
    • 日本人工関節学会認定医
  • 常勤医師

    小林 甫

    こばやし はじめ

    専門分野
    膝・股関節
    認定資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 常勤医師

    井上 雄太

    いのうえ ゆうだい

    専門分野
    整形一般
  • 非常勤

    根岸 慎一

    ねぎし しんいち

    認定資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
    • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
    • 日本体育協会公認スポーツドクター
    • 日本整形外科学会認定スポーツ医
    • 日本整形外科学会認定リハビリテーション医
    • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 非常勤

    山崎 浩司

    やまざき こうじ

    専門分野
    脊椎
    認定資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
    • 脊椎脊髄病外科指導医
    • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 非常勤

    後藤 文聖

    ごとう ぶんせい

    認定資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
    • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 非常勤

    岡村 祐己

    おかむら ゆうき

  • 非常勤

    後藤 太聖

    ごとう たいせい

 

外来担当医表

午前※ 午後
(専門外来)
月曜日 清水 清水
(リウマチ外来)
岡村
井上
(9時30分~)
火曜日 清水(第1,3,5週)
(膝・股関節外来)
清水(第2,4週)
(リウマチ・PRP)
小林(甫)
山﨑(第2,4週)
(脊椎外来)
永山(第1,3,5週)
水曜日 小林(甫)
後藤(文)
(スポーツ外来)
井上
(9時30分~)
木曜日 清水
根岸(第1週休診)
(スポーツ外来)
小林(甫)(第1週)
吉峰
金曜日 小林(甫)
(10時00分~)
清水
(予約のみ)
後藤(太)
井上
土曜日 小林(甫)
(第1週)
井上
(第2,5週)
清水
(第4週)

午前の診療受付時間は、8時30分から11時分までです(再来機の受付は8時15分から)。
※火曜日と木曜日は10時30分までの受付となります。
午後の診療受付時間は、13時30分から15時30分までです。
専門外来は、診療科や担当医によって受付時間等が異なる場合があります。詳しくは、総合受付へお問い合わせください。

休診情報

日程 診療科 変更内容
後藤(文)医師 → 休診
小林医師 → 休診
小林医師 → 休診
小林医師 → 休診
小林医師 → 休診(代診:井上)

その他

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究

当科では、運動器の病気で入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた研究を実施しています。法令等を遵守して研究を行いますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。
本研究への利用を望まれない場合には、担当医師にその旨お申し出くださいますようお願いいたします。

当院のPRP治療

当院では、臨床使用可能となるクラスⅢ医療機器として認証された安全性の高いジンマー・バイオメット社のキット「GPSⅢ」又は「APS」を使用して、患者さんの血液よりPRPを作製します。「GPSⅢ」と「APS」にはそれぞれの特徴があり、対象とする疾患が異なります。

・GPSⅢ
血小板が豊富に含まれる成分(多血小板血漿)を精製し、血小板が放出する成長因子の作用により、損傷した腱組織等の修復を促します。

・APS
次世代PRPともいわれており、多血小板血漿に更に処理を加えて精製します。主に炎症を抑える成分が含まれているため、変形性関節症による関節痛の軽減を目的に使用します。

PRP療法の適応疾患

・GPSⅢ
上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、膝蓋腱炎、アキレス腱周囲炎、足底腱膜炎、変形性関節症

・APS
変形性関節症

費用について

PRP療法は、先進医療であり保険の適用が認められておらず、自由診療です。PRP療法の費用以外に事前の診察や検査費用等がかかります。

・GPSⅢ  88,000円(税込み)
・APS  229,900円(税込み)

受診について